2015年05月08日

非婚化

今どき結婚したから特別扱いはないが、出産すると急に特権化する。

非婚化は男女同時に進行している。寿が特別扱いされる機会がそもそも減る。

男は結婚してもらいたがっているのに結婚してもらえない、ザマアミロ、という意見が10年前までは多かった。

人口比でわずかながら男の方が多いし、結婚(出産)適齢期の期間が男の方が長いから、出産可能な女の人口に対し、それを養える男の人口が多かったから、男があぶれて女は求めらえる構図が成り立っていた。

今は医療の進歩により出産適齢期が伸び、逆に男の平均収入は減ったので、婚活市場での男女受給関係が変わった。

つまり女も余る時代になった。

女も余る時代にセックス、結婚、出産を特権化しようと値を釣り上げても、売れ残るだけ。

セックス、結婚、出産のうち、もっとも代替し難いのが出産だが、子がいても出費ばかり多くて老後の保障にはさっぱりならないということになれば、出産の需要も下がる。

需要が下がれば子供を盾にして特権化することは出来なくなるだろう。

セックス、結婚、出産が三種の神器で、これらを駆使すればいかようにも男を支配出来た時代はもう終わろうとしている。
【関連する記事】
posted by 結婚相談所案内人 at 23:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。